サウナ

トップページ > サウナの特性と効用

サウナの特性と効用

サウナの持つ機能を充分に味わい楽しむには、サウナキャビンの内外装はやはり「木」でありたいものです。木肌や香りが、木のやさしさやぬくもりを愛する現代人に歓迎されるという理由のほかに、木の持つ本来の特性に意味があるといいます。それは、サウナ内に熱を均一に取り入れ、再び均一に放射できる材質には、木が最高とされるからです。この、木の特性を活かして、輻射熱により空気をまろやかにします。さらに、サウナ浴の際に生じる湿度を短時間に吸収する性質があります。だから、熱さを気にせずに壁にもたれたり寝そべったりできるのも、「木」ならではの良さといえるのです。

木の種類

ヒノキ

日本特産の樹木で、本州北部から九州、屋久島まで植えられている。特有の芳香と光沢がある。硬さは中庸で加工は容易、仕上げはきわめて良好。水湿に耐える世界でトップクラスの良材である。

スプルース

アラスカ南部からカリフォルニア北東部、ロッキー山脈に多く産する。仕上げは檜のように見えるが、日本の檜より軟らかく、加工がしやすい特性がある。仕上げは良好で絹糸光沢がある。

パイン

北アメリカ西部の太平洋岸からロッキー山脈にかけて産するものが良好とされる。軽く軟らかく、清潔感ある仕上がりが美しい。収縮率も低く、安定性が高いのが特徴。

ヘムロック

カナダ南西部からアメリカ北西部にかけてが主な産地。白色から黄色がかった褐色まで色のおもしろさがある。加工、仕上りともに良く、磨くと光沢を発する特色がある。

 

 

その他の木材の使用例

壁材にスモーク槙を使用しています。

サウナの効用

サウナにはどんな医学的な効果があるのでしょうか。まず「疲労回復」。温熱による大量の発汗で、体内に蓄積した老廃物や疲労物質を対外に放出し、疲れやストレスを取り去ります。また、発汗を繰り返すことで皮膚や汗腺が洗われ、毛穴が開いて老廃物を取り除くなど、いわゆる「美容効果」も期待できます。さらにサウナは、毛細血管を拡張して血流をスムーズにし、新陳代謝を活発化することにより冷え症などの循環障害やリウマチ性の関節炎などにも効果を発揮します。このほかにも、「食欲増進効果」「安眠効果」「老化防止効果」などが期待できます。

遠隔操作盤(タッチパネル式・オプション)

タッチパネル

離れた場所で運転・停止、温度設定が行えます。

消し忘れ防止タイマー設定、簡易週間タイマー設定をお選びいただけます。


このページの上部へ